×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[ ホーム ]インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ

ツールド秋田

2008/08/09〜08/12

旅コンセプト 自走500Kmオーバー 涼を求めて高原〜北東北ツーリングゥ〜

走行記録データ
■全体
走行距離:605.47Km
走行時間:29:24:23
平均速度:21.4Km/h
最大標高:1244m
最大勾配:24%
使用機材:
使用機材:
Pnasonic Les Maillots S(1993) 

シート:
スペシャライズド ボディージオメトリーコンプサドル(2002) 

ペダル:
SPD 

タイヤ:
NOKIAN 28C 
ウェア:
半袖ジャージ&タンクトップ
アンダーアーマー(長袖)

 

2008/08/09 ルート概要
■1日目 自宅→湯野上温泉
走行距離:165.5Km
走行時間:8:26:04
平均速度:19.2Km/h
最大標高:1244m(足尾トンネル)
最大勾配:23%(足尾トンネル)

一番の登りは122号日足トンネルの手前区間、足尾トンネルから鬼怒川までの25Kmは下りで快適。
鬼怒川を過ぎてから最初のピークが龍王峡であるが、龍王峡は木陰も多く比較的快適

川治温泉から中三依までの18.5Km区間に給水ポイントは五十里(いかり)ダムの資料館のみ
温泉街を抜ける前に給水しておくのがBEST。

ダム区間を下ると程なく中三依に到着、三依は蕎麦街道の暖簾が連なる。

中三依からはそれとは気づかないようなゆるい登りが続きペースが鈍る。
山王は水がいいらしく、山葵田と直売所がある。
既に日光市に入ってから100Kmを越えるがいまだに日光市を出る事が出来ない、釈迦の手掌に居るかのよう。

山王トンネルの入り口でようやく福島県 南会津町になる。
ここからは下りが続く、日光東照宮付近を除けば全般的に交通量が少なく快適である。

会津田島駅で給水で立ち寄る、湯野上温泉まで残り20Kmというところ。

途中「搭の弗(へつり)」に立ち寄り、本日の宿泊地「湯野上温泉」に到着。
湯野上温泉駅はみやげ物など充実しており、会津鉄道の主要停車駅のようであった。


出発直後、朝日が登る午前5時

日光杉並木を今市方面へ、涼しい

龍王峡のデイリーで早めに食事

五十里ダム、川治での無補給が失敗

中三依の蕎麦、絶品的に旨かった。

やっと日光を脱出、日光広すぎ!!

会津田島駅前広場のオブジェ。
「明日への挑戦」良い言葉だ。

トトロが出てきそうな、搭のへつり駅

搭のへつり、へつりとは会津の方言で崖を意味する。
宿泊施設↓

自転車は玄関の軒先に駐輪OKでした。

部屋はベッド1個余ってます。
通常TV放送有料。(100円/h)

露天風呂。湯船10人可、脱衣籠2個
入湯税150円

内湯は家族風呂形式

洗い場3人まで

洗濯機100円、洗剤特別に無料。。

夕食: ニジマスとチタケのホイル包み焼き、 岩魚の甘露煮、ニジマスの刺身&馬刺。ホイル包み焼きが絶品。

ご飯と豚汁と共に供されたジンギスカン。結構旨いですよ。

朝食は普通?
支度が整ったのが8時過ぎであり、出発予定時刻が2時間程遅れる。。。

 

2008/08/10 ルート概要
■2日目 湯野上温泉→山形市内
走行距離:149.0Km
走行時間:7:02:00
平均速度:21.2Km/h
最大標高:1218(大峠)
最大勾配:24%(大峠)

スタートが予定よりも2時間遅かったものの喜多方市までは97%下りのみであり、ほぼ予定時刻に
喜多方市に到着、10時開店のラーメン店「まるみ屋」で喜多方ラーメンを味わう。
スープが甘いのが特徴で、ラーメンスープというより雑煮の汁のようだった。ほのかに鶏がらが香る。

喜多方からは日中−大峠を抜けて米沢を目指す。この大峠が予想以上に曲者であり、高度差1000mを越え、
距離25Kmとマウンテンサイクリング乗鞍とほぼ同様なスケールを誇る。当時走っている時はそんな事とは気づいて無かった為に、暑さによる筋肉オーバーヒート現象で速度が出ないと思い込んでいた。

勾配がきつくなる大峠レインボーライン約7Kmの平均勾配は15%超。。。抜けるのに2時間越えた。
途中売店は1件のみで、ここをスルーしてしまった結果、水不足に悩まされた。
大峠を越えた後は最上川沿いに米沢、山形まで緩い下りが続く。

南陽市に入ってから、旅装自転車の二人組みに遭遇する。見た感じは中学生である。
行き先を尋ねると、本日は天童、最終は秋田であった。。。。。
何に驚いたかというと速度の遅さである、時速10キロで天童まで20キロ、秋田まで250キロ・・・
「頑張れ!」と声を掛けて別れた。

山形では冷やしラーメンの元祖、栄屋に行って見るも13分遅れで暖簾が下りていた。。。
試しに交渉してみるが、にべも無く断られ、東北人情厚い伝説が自分の中でガラガラと音を立てて崩れた。
それにしても、19:20分で閉店のラーメン店って・・・珍しいと感じます。


JR喜多方駅、観光客が多く混雑している。桐生もなんとかならんのかな?

駅前の老舗、丸見食堂。2年前に移転したとの事。

中華そば600円、お奨めはネギラーメンとの事です・・・

予想外に私を苦しめた日中ダムクライム、山登りは好きじゃないんだよ〜

牛で有名な米沢。新潟村上駅前のような串焼屋を探したのだが・・・

コース4,000円以上のステーキ屋ばかりで肉食断念、悔しい。

山形は安い!(金沢、桐生は無料だが・・・)

まつやの牛丼は標準価格でなぜか損した気分に・・・山形恐るべし。

ホテル大浴場で販売していた、生ビール400円も安い気がする。
宿泊施設↓

キャピタルイン 素泊まり3,000円
洗濯機200円、洗剤30円

ホテルの脇に駐輪場があり良かった。

アメニティ:歯ブラシ、ヒゲソリ、コーム
通常TV放送無料。

 

2008/08/11 ルート概要
■3日目 山形市内→秋田市内
走行距離:236.0Km
走行時間:11:25:00
平均速度:22.6Km/h
最大標高:137(山形市内)
最大勾配:3.5%

秋田への最終日、予定走行距離230Kmであり、これは通常トレーニングでの上限200Kmを軽く越える。

当初、月山を経由して鶴岡へでるプランを立てたが、鶴岡出身者のアドバイスを受け、新庄経由に変更した。
月山経由の場合3日連続で1000m級ヒルクライムチャレンジとなる。(それはそれで面白いが)

3時30分に起床し、夜が明けない4時にホテルを出発し、天童温泉で日の出を拝む。
山形から新庄までは基本 最上川に沿って緩い下り。13号線は思いのほか交通量多い&道幅が狭く神経をすり減らす。しかし、みちのくのトラックドライバーの99.6%はムリに自転車を抜くことをしないのでありがたい。

新庄では前回食べれなかった駅前の蕎麦屋「あじさい茶屋」で名物?板蕎麦を食べる事が出来た。
新庄市の市の花は「あじさい」、花言葉は”強い愛情、移り気なこころ、一家団欒、家族の結びつき”

新庄から酒田へは47号線を最上川と共に下って行く。最上川流域の景色は素晴らしく、速度を落としてのんびりと走ったが、道幅は13号よりさらに狭い。。。サイクリングロードがあれば快適なのだが、堤防の必要が無い場合はサイクリングロードは作られないので、最上川は氾濫しない川だと思われた。

酒田は事前調査も不十分だったので、見所も良く判らなかったが手前の余目駅で販売していたソフトクリームは特徴があって良かった。

粋な街、酒田からは7号線を北上するが、疲労はピークに達する。サドルに触れる部分に激痛が走る。
・「日本海の海岸線の特長である細かいアップダウン」
・「向かい風」
・「太陽」
・「睡眠不足」が私の体を蝕んでいく。

7号線は要所要所に松の防風林があり、これが西の空に傾いた太陽を遮り、涼を与えてくれた。
午後3時を過ぎると気温が低下し始め、よれていた体にパワーが復活しペースが上がる。
今回どうしても見て行きたかった、奥の細道最北の地「象潟」 象潟の道の駅4Fの展望大浴場から見る夕日は最高ですよBy売店のオジサンであったが、秋田到着が遅くなりすぎるのでそれは叶わなかった。

由利本荘近辺で日本海に沈んでゆく夕日を眺めながら、海岸線をひた走る。
200Kmを越えるとセカンドウインドが吹き、お尻と股間の痛みが消えてゆく(ある意味予定通り)

そして、今回初のナイトランに突入。秋田駅前への道筋は意外に判りにくく、すんなり到着しなかったが
旅の終わりを惜しむ気持ちから、遠回りを楽しみながらゆっくりとペダルを回したのだった。


5:43天童で夜明け

駅前ポストに将棋の駒が・・・(笑)

天童温泉唯一の自然、舞鶴山。
全くひなびてない温泉街だった。。。

7:53 新庄市制区域に到達
国道13号は早朝でも走りにくいぞ〜

8:16 新庄駅再び!

前回食べれなかった板蕎麦を朝食に

道の駅とざわ、なぜに韓国王朝風の建物なのだろうか?
庄内は高麗との交流が深い地域なのだろうか?

とざわの近くには最上川下りのRIVER PORTがあり、かなりの人気スポット
船はエンジン付きで時速15Km/hで下るので、のんびり感は無い。

庄内平野に並ぶウインドーム立川。
日本海ルートでは風車が回っているのを良く見かけますが、アメリカ、デンマーク製の輸入風車デス。(残念)

庄内の分岐点余目駅
仙台、新潟、秋田へと向かう乗客が混在するため、待合室はとても混雑していた。

駅前広場にはUFOが!!
そして、UFOの下で朝市が開催される、ひまわり広場。

駅の規模の割にはお土産や軽食が充実してた。庄内米「亀の尾」を炒った粒の香ばしさが良い感じの米ソフト。
2008/7/23発売の新名物。

ようやく最上川もお終い。
ここ酒田は日本最大の〜

白鳥飛来地なんだそうだけど、有名なのは新潟の瓢湖でしょうか?
多々良沼で十分な気もしますが・・・

それなりに期待感があった酒田だったのですが駅舎にオーラを感じない。
観光地的でも無く、中心的でもなく。

酒田からの7号線はやっぱ走りにくい
道幅が狭いのに交通量が多い・・・

14:15 遊佐の道の駅では採れたての岩牡蠣をその場で調理してくれます。

牡蠣に含まれる琥珀酸がクエン酸サイクルに乗って、乳酸を除去するという天然のサプリメント、しかも旨!

秋田県に入ると、夕日が見えるパーキング毎に「ババヘラアイス」の売り子さんを見かけるので試す。150円

16:15昼飯を食べた記憶が無い!
ようやく象潟道の駅で、まともな料理を前に御満悦。かなり巨大な道の駅。

由利牛のすき焼き定食。料理も良かったが、心の交流も良かったなぁ(幸)

日本海に夕日が沈んでゆく。
確かに夕日の綺麗な海岸です。。。
てか、日本海側は全域そうなのでは?

20:18 暗闇を16Kmひた走り、ようやく秋田市内に到着。暗くてなんだか判ら
ないので、稲庭うどんを晩御飯に。

おまけ
道の途中で貰った葡萄を食べる。

アキタシティホテル、素泊まり3,900円
洗濯機200円、洗剤無料。

1Fがクローズドな駐車場なので、自転車が置き易かったのは高ポイント。

アメニティ 歯ブラシ、ヒゲソリ
通常TV放送無料

 

2008/08/12 ルート概要
■4日目 古河駅→自宅
走行距離:57.42Km
走行時間:2:31:34
平均速度:22.7Km/h
最大標高:143m(岩宿)
最大勾配:0.9%

秋田を目指す旅は終了したが、自宅に帰るまでが旅と言うことで、最後の移動を行う。

秋田駅なので、秋田新幹線で南下するのも手であるが、奥羽本線も経験しなきゃという事で
新庄まで在来線で移動し、その後山形新幹線つばさで帰還する。

なぜつばさかというと、全席指定席のこまちより、時期的にUターンラッシュと無縁なので、自由席のつばさのほうが
気楽にゆったり出来ると考えた、それにスキーボックスに自転車が入る事は確認済みだったし、料金も安い。
時間が問題にはならない旅なので、少し安くなる料金は重要です。浮いた分で旨いもん食べれるし。
(在来線の方がガッツリ安いけど、頻繁に乗り換えがあるし、新幹線好きなので・・・)

宇都宮でつばさを降りると、自由席のある16,17号車はホームの端なので、エレベータのあるホーム中央が
かなり遠い、輪行バッグのストラップが肩に食い込む(涙)

やっぱ、北東北と違い、北関東はもの凄く暑い!!こんな状況で交通量の多い道路は走りたくないので
餃子を食べてから古河まで電車で移動して、残りを渡良瀬サイクリングロードで帰る事にする。
勝手知ったる渡良瀬CR、給水ポイントのすべても把握しているので安心感が違う。

渡良瀬CRを走って思うのは、景色の豊かさと走りやすさである。(暑いけど)
自転車を走らせる事だけが目的なのであれば、渡良瀬+利根川+江戸川で十分である。
3つあわせて日本最長のサイクリングロードである。ディズニーランドも葛西臨海公園にも行ける。
しかし、8月は暑すぎて走るだけが楽しめない。事実、古河から桐生までの区間で出会った自転車は3台
うち、サイクリストは1名のみと言う厳しさだ!!北東北や会津高原は涼しくて良かったよ。

こうして、最後に60Kmのクールダウンで旅の疲れを癒しながら帰宅。
しかし、午後5時過ぎても北東北の午後3時より暑かった〜(汗)


5:04 秋田駅から程近い、千秋公園の堀で

堀には蓮の花が咲き誇り、花の香が漂う、極楽浄土ってこんな感じ?
自○者日本一の秋田・・・

自走状態から輪行状態へのトランスフォーム20分

青春18キッパーの天敵らしい701系
これで秋田駅から奥羽本線を通って新庄を目指します。言われるような不快さは無かったのだが、理由は→

始発で混んで無かったからこそ可能だった、一人4座占領状。でも、他のシートもガラガラだったので許して下さい。

でだ、折畳みテーブルにコンビニで買った朝食を並べれば、プチ特急状態。
しかし、お客がいませんな。

新庄で、つばさに乗り換え。通路は季節ごとにディスプレーが変わるようで、観光にそこそこ力入ってます。

つばさのスキーボックス、ピタリとフルサイズのロードレーサーが収納出来る。(輪行状態で)

やっぱ、リアル特急は快適です。
頬にヘルメットのアゴヒモが焼きついている。(トホホ)

11:06 乗車直後には無い米沢の駅弁、つばさの発車が9:16なんで2時間待ちました。確実に食べたければ、乗車後に予約しましょう。

中身はこんな感じで吉野家より確実に旨い、牛肉どまんなかは一番人気だそうです。米沢牛と山形米どまんなかを使用(1000円)

宇都宮で餃子を食べない馬鹿はいない。駅改札階には餃子店を集めた「寄らっせ」がある。写真は宇都宮餃子会館の12種盛り(700円)紫蘇・チーズ・激辛以外は違いが不鮮明・・・

気温にくじけて、古河まで電車移動
古河も暑かったです。
サイクリングロード最寄のJR駅。

再度、自走状態にトランスフォーム。
運動量Zeroなのに汗が止まらない。
関東は暑いぜ!!

渡良瀬サイクリングロード
遠くに赤城山が見える。
帰って来た、懐かしい何もかも。。。