×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[ ホーム ]インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ

桃ノ木、広瀬川CR & 史跡巡り

2007/01/04

距離:50.93Km 時間:2:37:24 

 

広瀬川サイクリングロード(ひろせがわさいくりんぐろーど)

群馬県伊勢崎市宮子町と同市若葉町とを結ぶ自転車道である。主に広瀬川の堤防上を走る。

3年前のリベンジを果たす!!

太陽が出ていても、それなりに寒いわけだが、やりすぎても大変。
準防寒仕様(完全防寒−ブレスサーモ)で出撃。
靴はTimeのSPDクリートシューズ+レインカバーをチョイス。
あんまり歩く予定は無いので、これで十分さ。

広瀬川CRを目指して南下し伊勢崎市内を通過。途中、成り行きで粕川CR640m走行。

予定通りにサイクリングロードに到達。
偶然か必然か判らないが、「たぶん、この辺じゃないの?」で決めたポイントはドンぴしゃり(死語?)

まさに3年前引き返した場所である。(対岸)当時はロケーションが判らないため、無駄にCRを遡って伊勢崎のヨーカドー近辺まで戻ってしまった、そのせいでラスト10Kmが

地獄だったんだよ〜
(;゚皿゚)

MAP@

さて、広瀬川CRに入るとこの季節特有の追い風&下りであることも手伝ってすげー快適!!!!
サイクリング道も駒形〜下流の区間は、1箇所を除き全てアンダーパスである。しかも路面に←本線、↑●●出口と示されており、わかりやすい事この上なし。

群馬県の
サイクリングロードは
最高だぜ!!

気持ちよく走っていたら、いつの間にかターニングポイントまで来てしまった。ここはハッキリいって最高のビューポイントだと思った。
御荷鉾、蓼科、荒船、妙義、浅間、榛名、子持、谷川、赤城、皇海、男体山、筑波。。。何もかもが見えるじゃないですか!!!
条件がよければ富士山も見えるんではなかろうか???
(注:手前の山が遮り、ここでは絶対に見えません)

群馬県の
サイクリングロードは
ゼッケェ〜!!

MAPA

            相馬岳:妙義          掃部ヶ岳:榛名                地蔵岳、黒桧山:赤城

↑↑↑この絶景パノラマは冬季限定ですよ〜!↑↑↑

カシミールでチェックしてみると、手前の山が邪魔して、ここからでは見えない事が判明。(惜しい)
しかし、俺以外のサイクリストは絶滅したの?ってくらい誰もいないですな。 この場所は市内への要所へ通じる部分からかなり外れているので、日用にも供されない。

島村の渡しを利用しない限りは用は無い。。
無料なので今度乗ってみよう。

看板に「Shimamura Ferry」と英語を併記してあるのが微笑ましい。
外人さんも利用やすいようにって事ですよね??
年間何人が利用しているのでしょう?車は乗せられないだろうし。

中島橋まで引き返し、広瀬川の対岸を上武大橋の交差点まで走る。ここから先は一般道となるが、道幅狭く交通量も多い。
        

群馬県 太田市 世良田東照宮

関東に入った徳川氏は、新田氏から分立したこの地を発祥地とする世良田氏の末裔を自称していたため、徳川氏ゆかりの地ともされた。

寛永21年(1644年)、第3代将軍徳川家光の命により、徳川氏の遠祖の得川義季の墓があり、天海僧正が住職をしていた長楽寺の境内に創建された。歴代徳川将軍から信仰され、江戸時代は大いに栄えた。明治8年、神仏分離によってに長楽寺から分離し、明治12年に郷社に列格した。

社殿は、創建の際に日光東照宮の古社殿を移築したもので、一間社流造の本殿、入母屋造の拝殿、唐門は国の重要文化財に指定されている。他に、元和4年作の大鉄燈籠も国の重要文化財となっている。

MAPB

駐車場の関係で道案内は歴史博物館へと誘導しているが、自転車ならば、直接、世良田東照宮を狙うのも良いだろう。
(但し道はやや難解)

さすがに4日なので、初詣に訪れる人も少ないようで、ユッタリ回れた。
場内では丁度、鏑矢を披露してそこそこ人だかりが出来ていた。

矢を射て、的に当たると

「あたりや〜」、「おーぅ」という掛け声がそれっぽい。
この姿を写真に収めようとするのは良いのだが、旧式一眼レフでシャッター音を響かせるアマチュアカメラマン。

普通のコンパクトタイプで電子音を響かせる主婦。

一番音が大きかったのは、携帯の擬似シャッター音。

矢を射る彼も、やり難かったと思う。とにかく一番大事なところで
バシバシ音が鳴るのはちょっとねぇ・・・失礼かも

鏑矢を見ている、後見人らしき人たちが、ちょんまげ被っているんだけど、逆にまじめなイベントを台無しにしているように思った。

だけど、みんな大真面目に列席しているんですよね。

前橋の青柳神社の20倍は良いと感じた世良田東照宮を後にして、伝説を持つ生品神社を目指す。


群馬県 太田市 新田町 生品神社

生品神社(いくしなじんじゃ)は、群馬県太田市新田市野井町にある神社。国指定史跡。主祭神は大穴牟遅神(大国主)。旧社格は県社。

平安時代の上野国神名帳に「新田郡従三位生階明神」として記載される古社である。主祭神は大国主であるが、平将門を祀っているという伝説もある。

元弘3年(1333年)5月8日、新田義貞が後醍醐天皇より鎌倉幕府倒幕の綸旨を受けた際に、産土神である生品神社境内で旗揚げをし、鎌倉に攻め込んだと伝えられる。境内には社殿の他、新田義貞公像、義貞公旗揚げ塚、神木、記念碑等がある。毎年5月8日には例祭として鏑矢祭が行なわれる。

MAPC

ここも裏道から攻めたので、ちょっと迷った。
迷った原因はメインの道の釣り看板以外に一切案内標識は無いからだった。

境内に到着すると、ひとけも無く商売っ気もなく、荘厳なちょっといい雰囲気である。

商業化、観光地化の波には晒されて無い。

地元の人が何人か自転車で訪れて、祈願していた。
という事は神様も手が回るので、より願いがかなうに違いない、この神社はねらい目だ。

拝殿の前に立つと、左手からカラカラと音が響いてきた。
何か?と思ってみたら、絵馬が風に揺れていた。
ここなら大願成就すると思われるが、風に揺れるほど絵馬の数は少なかったのだった。

お願いは「前女合格」「主要3教科15位以内」・・・
時期的、時代的にしょうがないけど、願い事が小さいかも?
受験合格が現代の大願とは寂しい限り。。。(しょうがないけど)

新田義貞公が旗を掲げたと言われる、縁起の良い古木の前で撮影。

815年以上の歴史を持つ古木も、燻煙殺菌処理を行い、
ポリウレタン含浸し、シリコンコーティングされて保存されている。

中世の古くて新しい古木。

鋼鉄のロードレーサーって815年も保存できるんかなぁ?

歴史的な物って、保存する人々の情熱も凄いけど、
残ってしまうそのもの自体に普通じゃない力が宿るのかもしれんなぁ。